スタッフのお薦め

毎月新聞 佐藤雅彦

担当 : 宮崎お薦めTOPへ戻る

【本】毎月新聞 佐藤雅彦

NHKで放送中の「ピタゴラスイッチ」や団子ブームを巻き起こした「だんご3兄弟」を手がけた佐藤雅彦氏のエッセイ本。

自由な発想を産み出せる人って、論理的な考え方が出来る人なんですね。 ピタゴラスイッチ番組内で放映される「なぞなぞうた・いたちのたぬき」を初めて聞いた時の衝撃は大きかったです。


佐藤 雅彦(さとう まさひこ、1954年3月28日 −)はメディアクリエーター(表現者)、東京芸術大学大学院映像研究科教授、慶應義塾大学環境情報学部特別招聘教授。血液型AB型のおひつじ座。静岡県沼津市(旧戸田村)出身。静岡県立沼津東高等学校、東京大学教育学部卒業。

大学では数学を専攻。1977年、広告代理店大手の電通に入社。セールスプロモーション局に配属される。1987年にクリエーター選抜試験(いわゆる転局試験)に合格し、第4クリエーティブディレクション局に異動。CMプランナーとして、湖池屋の「ポリンキー」、「ドンタコス」や、NECの「バザールでござーる」など、様々なヒットCMやテレビ番組のコーナー企画などを手がける。

電通退社後は独立し、企画会社「TOPICS」を設立、広告以外の表現を始める。(プレイステーションソフト『I.Q インテリジェントキューブ』など)特にNHK教育テレビ『おかあさんといっしょ』内の歌として、作詞・プロデュースをつとめた『だんご3兄弟』は、一時期は社会現象になるほど爆発的な人気を誇った。またNHKがロゴを変更した際、CIキャンペーンも手がけている(ロゴ自体は佐藤の案ではない)。

1999年より慶應義塾大学環境情報学部教授を務め、2006年より現職。「慶應義塾大学 佐藤雅彦研究室」の活動として、NHK教育『ピタゴラスイッチ』などの監修に携わっている。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)


トップページに戻る