スタッフのお薦め

グッバイ、レーニン!Good Bye Lenin!

担当 : 宮崎お薦めTOPへ戻る

グッバイ、レーニン!Good Bye Lenin!


ベルリンの壁崩壊前後の母子の愛情を描いたドイツの暖ったかコメディ映画。
映像もおしゃれだし印象的な音楽は「アメリ」のヤン・ティルセン。素敵です。

東西格差なども問題になっている今、見方を変えればいろんなメッセージが隠れているようにもとれるけど、政治的なテーマも主人公とその母の愛情の深さを際立たせる土台に過ぎない(と思う)ので、ドイツの歴史を詳しく知らなくても単純にヒューマンドラマとして楽しめます。

難しい事は考えずに観てほしいです。(宮崎)


『グッバイ、レーニン!』 (Good Bye Lenin!) は2002年製作、2003年2月に公開されたドイツの映画。
監督はヴォルフガング・ベッカー、脚本はベルント・リヒテンベルクとヴォルフガング・ベッカーの共同、音楽はヤン・ティルセン。

東西ドイツ統合後に庶民の身に起こった悲喜劇を家族像と共に描いた佳作。 映画公開後は本国ドイツで大ヒットし、ドイツ歴代興行記録を更新した。 また第53回(2003年)ベルリン国際映画祭の最優秀ヨーロッパ映画賞(「嘆きの天使賞」)ほかドイツ内外の様々な映画賞を受賞した。 日本ではギャガ・コミュニケーションズの配給で2004年2月に公開。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)



トップページに戻る