スタッフのお薦め

君に、胸キュン YMO

担当 : 宮崎お薦めTOPへ戻る

君に、胸キュン:YELLOW MAGIC ORCHESTRA


YMOとの初の出会い。 透明感のあるサウンドが当時の私にもは新鮮で、かつ、かわいい歌詞によくサビ の「キ・ミ・にム~ネキュン!キュン!」とつい口ずさんでしまう馴染みよいフレーズ。

PVでおじさんが3人で踊っている映像はなんとも言えない不気味さを覚えました が、テクノ(これは作ったテクノ歌謡か)というジャンルに触れることになった思い出の1曲。 最近もたまーにYMOを聞いてます。

君に、胸キュン:YELLOW MAGIC ORCHESTRA


君に、胸キュン:YELLOW MAGIC ORCHESTRA


イエロー・マジック・オーケストラ(Yellow Magic Orchestra)は、1978年に結成された日本の音楽グループ。略して「YMO」(ワイ・エム・オー)と称する。 YMOはテクノポップと呼ばれるジャンルを代表するグループである。

イエロー・マジック・オーケストラという名称は、細野が70年代後半に提唱していたコンセプトである「イエローマジック」から来ている。これは白魔術(善や白人などの象徴。特に白人音楽)でも黒魔術(悪や黒人などの象徴。主に黒人音楽)のどちらでもない黄色人種独自の音楽を作り上げるとして、魔術の色を人種の色にかけて提唱したのが「黄色魔術」(イエローマジック)である。

細野がYMO以外で「イエローマジック」の名前を使用しているものとしてはティン・パン・アレーの曲「イエロー・マジック・カーニヴァル」、細野のアルバム『はらいそ』の作成者名義「ハリー細野とイエローマジックバンド」が挙げられる。また坂本のアルバム『千のナイフ』のライナーノーツの細野の寄稿文でも、イエローマジックについての記述がある。

1980年代初頭に巻き起こったテクノ/ニュー・ウェイヴのムーブメントの中心にいたグループの一つであり、シンセサイザーとコンピュータを駆使した斬新な音楽で、1978年に結成されてから1983年に「散開」(解散)するまでの5年間で日本を席巻した。活動期間中には米国等でのレコードリリース、及びコンサートツアーも行っている。英語圏で著名な日本人ミュージシャンでもある。1993年に一時的に「再生」(再結成)しており、また2007年にも再々結成している。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

トップページに戻る