スタッフのお薦め

新明解国語辞典

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

新明解国語辞典

『新明解国語辞典』(しんめいかいこくごじてん)は三省堂が発行する国語辞典の一。版元による正式な略称は「新明国(しんめいこく)」だが、好事家には「新解さん(しんかいさん)」の愛称で親しまれている。項目数は76500(第6版)。

語釈や用例に独特の表現を用いており、ファンが多い。主幹の山田忠雄(やまだただお、1916年8月10日-1996年2月6日)の個性が色濃く反映されている。1996年、赤瀬川原平著『新解さんの謎』でその個性が取り上げられベストセラーになった。(なお、赤瀬川以前にも、呉智英や武藤康史など、この辞書の特殊な面白さを指摘する者は多かった)

最近では日本語ブームを背景に、「タモリのジャポニカロゴス」(フジテレビ系)をはじめとしたテレビ番組やマスコミでもたびたび紹介されている。 2004年12月現在で6版目。「新明解」の名はブランドとなり、この語を冠した漢和辞典や古語辞典、故事ことわざ辞典、アクセント辞典なども出版されている(この中には、もと「明解」と冠していたものも含まれる)。

『明解国語辞典』『新明解国語辞典』(第5版まで)の累計発行部数は1700万部。高等学校の指定辞書に採用されることが多く、小型国語辞典の中では売り上げ1位を誇る。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)

新明解国語辞典

トップページに戻る