スタッフのお薦め

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

そして誰もいなくなった アガサ・クリスティー

イギリス、デヴォン州のインディアン島に、年齢も職業も異なる10人の男女が招かれた。しかし、招待状の差出人でこの島の主でもあるU・N・オーエンは、姿を現さないままだった。やがてその招待状は虚偽のものであることがわかったが、迎えの船が来なくなったため10人は島から出ることができなくなり、完全な孤立状態となってしまう。

不安に包まれた晩餐のさなか、彼らの過去の罪を告発する謎の声が響き渡った。告発された罪は事故とも事件ともつかないものだった。その声は蓄音機からのものとすぐに知れるのだが、その直後に生意気な青年が毒薬により死亡する。さらに翌朝には召使の女性が死んでしまう。残された者は、それが童謡『10人のインディアン』を連想させる死に方であること、また10個あったインディアン人形が8個に減っていることに気づく。

アガサ・クリスティ DBE(Dame Agatha Christie , DBE、1890年9月15日 – 1976年1月12日)は、イギリス生まれの推理作家である。

発表された推理小説は世界的なベストセラーとなり「ミステリの女王」と呼ばれた。フルネーム(in full)はアガサ・メアリ・クラリッサ・クリスティ(Agatha Mary Clarissa Christie)。英国推理作家のクラブであるディテクションクラブの会長(4代目)。

参照:ウィキペディア(Wikipedia)

トップページに戻る