スタッフのお薦め

トム・ソーヤーの冒険 アニメ

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

トム・ソーヤーの冒険 アニメ

『トム・ソーヤーの冒険』(-ぼうけん)は、フジテレビ系の「世界名作劇場」枠で放送されたテレビアニメ。放映期間は1980年1月6日から同年12月28日で全49話。

『トム・ソーヤーの冒険』(トム・ソーヤーのぼうけん、The Adventures of Tom Sawyer )は、アメリカの少年達に愛読されている、1876年に発表された非常に有名な物語である。

マーク・トウェインの筆による少年期のすり傷や冒険の活発さに溢れる物語は、刊行当時から30~40年前のミズーリ州の架空の町セントピーターズバーグを舞台に繰り広げられる。主人公の少年トム・ソーヤーは、自然豊かな田舎町で仲間たちと共に、多くの少年が憧れ夢想する類の冒険を行う。

この本の中で最も有名なエピソードの一つは、トムが自分に課せられた退屈で面倒くさい塀のペンキ塗りの雑用を、いかにして自分の友人達に進んでやりたいと思わせるか手練手管を尽くすくだりである。(中学校英語の教科書で、教材として採用されている)

また、トム・ソーヤーはマーク・トウェインの他の3冊の物語『トム・ソーヤーの探検』と『トム・ソーヤーの探偵』、そして『ハックルベリー・フィンの冒険』にも登場する。この中の『ハックルベリー・フィンの冒険』は、『トム・ソーヤーの冒険』と共に、児童向けの冒険小説の域を越えた、極めて重要な文学的価値を持つ作品であると考えられている。(『トム・ソーヤーの探検』と『トム・ソーヤーの探偵』は、1955年に新潮文庫から2作合わせて1冊として日本語訳が出ている。)

出典:ウィキペディア(Wikipedia)


トム・ソーヤーの冒険 アニメ

トップページに戻る