スタッフのお薦め

ロミオとジュリエット

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

ロミオとジュリエット

1968年制作。オリヴィア・ハッセーが出演した一番有名なバージョンの映画。オリヴィアは歌手布施明と結婚した事でも有名になりました。

『ロミオとジュリエット』(原題:Romeo and Juliet)は、1968年に製作・公開されたイギリスとイタリアの合作映画である。ウィリアム・シェイクスピアの同名戯曲の映画化であり、フランコ・ゼフィレッリが脚色・監督、イギリス出身のレナード・ホワイティングとオリヴィア・ハッセーが主演した。以前の映画化(1936年版など)と比較して、より登場人物の実年齢に近づけたキャスティングが行われた。

ストーリー
舞台は14世紀のイタリアの都市ヴェローナ。そこではモンタギュー家とキャピュレット家が、血で血を洗う抗争を繰り返している。モンタギューの一人息子ロミオは、ロザラインへの片思いに苦しんでいる。気晴らしにと、友人たちとキャピュレット家のパーティに忍び込んだロミオは、キャピュレットの一人娘ジュリエットに出会い、たちまち二人は恋におちる。二人は修道僧ロレンスの元で秘かに結婚。ロレンスは二人の結婚が両家の争いに終止符を打つことを期待する。 ・・・・・・・・・

出典:ウィキペディア(Wikipedia)


トップページに戻る