スタッフのお薦め

ランブルフィッシュ Rumble Fish

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

ランブルフィッシュ Rumble Fish

私の好きな映画『アウトサイダー』の原作者S・E・ヒントンの『非行少年(日本語名)』を映画化した作品。 原作は中3の時に、映画は高1の時に見に行きました。

マット・ディロンのバンダナとタンクトップ姿も格好良かったのですが、この映画でスターの地位を固めたミッキー・ロークの渋さが上回っていましたね。 ニコラス・ケイジも友人役で出ています。


あれから二十数年。今も家の本棚にはS・E・ヒントンの集英社コバルト Y.A.シリーズ『アウトサイダー』『非行少年(ランブルフィッシュ)』『おれたちのレクイエム』『テックス』が大切においてあります。

コッポラは前作の大赤字だったワン・フロム・ザ・ハートをアウトサイダーとこの2作で回収したと言われていますね。


『ランブルフィッシュ』(Rumble Fish)は、1983年のアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラで、S・E・ヒントンの小説を映画化した作品。画面は大部分が白黒、一部カラー。 『アウトサイダー』(1983年公開)に続く、S・E・ヒントン原作、コッポラ監督映画。

『アウトサイダー』にも出演したマット・ディロン、ダイアン・レイン、トム・ウェイツを引き続き起用。コッポラは、本作を兄オーガスト・コッポラに捧げている。ポリスのドラマー、スチュワート・コープランドが音楽を担当。 日本公開は1984年7月。

不良少年ラスティが、敵対するグループと一戦交えていた時、姿を消していた兄が帰ってきた。兄はモーターサイクルボーイと呼ばれる札付きの不良で、ラスティは彼に憧れていたが、モーターサイクルボーイの内面は変化していた。彼は、喧嘩を嫌うようになり、水槽の中で殺し合う魚(ランブルフィッシュ)を見つめ…。

出展:ウィキペディア(Wikipedia)

トップページに戻る