スタッフのお薦め

炎のターゲット デフ・レパード

担当 : 津田お薦めTOPへ戻る

炎のターゲット デフ・レパード

特にシングルカットされた『フォトグラフ』が好きです。

ヘヴィメタルのジャンルに入るのでしょうが、デフ・レパードはメロディアスな曲が多いのが良いです。ボーカルのジョー・エリオットの声を聞いてくるとパワーが出てきますね。

このアルバムを出した後、ドラムが事故で腕を切断してしまうのですが、リハビリと片腕でも叩ける特製のドラムをひっさげて復活したのは感動しました。

デフ・レパード (Def Leppard) はイギリスのハードロックバンドである。1980年代初頭にアイアン・メイデン、サクソンなどと並んで、NWOBHM (New Wave Of British Heavy Metal) ムーヴメントの中心的存在となった(彼ら自身はNWOBHMバンドに括られることを嫌っている)イギリスのトップバンドのひとつで、アルバム総売上は6500万枚を超える(3500万枚は全米での売り上げ)。

『炎のターゲット』、『ヒステリア』の空前の大ヒットにより、80年代の最もセールスの多いロックバンドのひとつとなった。また、「VH1の最も偉大なハードロックバンド」において31位を獲得した。

出典:ウィキペディア(Wikipedia)


トップページに戻る