お知らせ

お知らせTOPへ戻る 最終更新日:2015年11月21日

青梅市の(株)クライン様のホームページをリニューアル

青梅市の(株)クライン様(金属加工業)のホームページをリニューアル

東京都青梅市、岩手県遠野市にある株式会社クライン様(代表取締役:荒井信喜様 住所:〒198-0022 東京都青梅市藤橋3-2-12 TEL:0428-31-8200)のホームページリニューアルを担当いたしました。
http://www.cline.co.jp/

株式会社クライン様は難易度の高い精密加工を得意とした金属加工会社です。対応材料はアルミ・ステンレス・チタン・マグネシウム・ニッケル・銅・鉄となんでもござれの幅の広さ。「困ったらクライン」と、難削材・特殊金属加工の駆け込みどころです。

石膏鋳造、ダイカスト、MIM、押出し材など成形素材の手配、各種メッキ、ろう付け、ビーム溶接などの後処理を含む品質保証、治具設計、水冷ヒートシンクの部品設計・組立など高精度部品や難削材の試作・量産まで対応されており、いわゆる「技術力」が自慢のものづくり系企業をイメージしていただくと良いでしょう。

さて、ご縁ありまして、久方ぶりとなるホームページリニューアルを担当させていただくことになりました。クライン様の強みや今までの問い合わせの状況など、丁寧にご説明いただく中で、「材料から入る」設計を思いつき、その場で提案させていただきました。

いつもホームページを制作するときは、まず最初に、「お客様のお客様に評価されるホームページって、どのようなものだろう」と考えます。
今回の場合は、働き盛りの男性技術者である荒井社長がメインユーザーど真ん中の属性ですから、ここは荒井社長の感性を頼りながら、構想を固めていくことにしました。

なお、メインユーザーの属性が、企業担当者の年代、職業などと違う場合は、感性がずれている場合がありますので、基本的にはユーザー側の視点をマーケティングして考えます。

【デザインについて】
基本カラーはコーポレイトカラーのブルーを採用。男性メインの業界なので、黒やグレーをサブカラーに使い、全体的にはシンプルで機能的なデザインとしました。
小さな字のサイトが多い製造業界ですが、目にも優しい16ピクセルを基本とし、文章も適切なボリュームを守り、ゆとりあるレイアウトを心がけました。

次に荒井社長が自ら撮影された金属加工部品の写真に活躍してもらうことにしました。技術者ならでは視点で「技術者が惹かれる・納得できる角度」が押さえてあり、プロカメラマンの撮影とは、また違った魅力にあふれていたのです。

そこで、メインイメージはドーンと金銀銅3色3枚の金属部品をjQueryでスライド展開。製造業界のWEBサイト数あれど、ここまで堂々と大きくフォーカスしている写真はなかなかないように思います。
結果はご覧のとおり。画面を見れば見るほど、メカメカしくも美しいその姿。技術の繊細さもよくわかり、クライン様の製品への自負すら感じられます。

【コンテンツと更新について】
「材料から入る」を念頭に、どのような情報が集約されていれば、見ている方の役に立つのか、考え抜いて設計しました。社内のITスキルが高く、情報発信力がある企業様ですので、そのポテンシャルを存分にいかせるよう、更新箇所を多く設定しました。初期費用は多少かかりますが、使い倒していただければ、検索エンジン対策的にも最良の結果が得られます。

もちろんベースは、弊社が得意とするCMSシステム WordPressです。
「提供サービス」「加工事例」「よくある質問」「お知らせ」の4つのコンテンツをCMS化し、横軸をつなげあったSEO・ユーザビリティを両立したWEB設計で、効率的効果的な情報発信を実現しています。

【最後に】
「株式会社クライン」様。このたびは担当させていただき、大変ありがとうございました。特殊・難易度の高いニッチな技術を求める全国のお客様との出会いが広がれば、私も嬉しく思います。
荒井社長も激務の中、もはやプロジェクトメンバーの一員といっても過言ではないほど意欲的に取り組んでいただけました。まさに肝入りのホームページに仕上がっていると思います。写真についても、岩手と東京を往復しながら揃えていただきました。「伝えたい!」という強い心は画面の向こうのまだ見ぬお客様に届きます。そして、そんなホームページには「誠実さ」が漂います。

【関連リンク】
株式会社クライン様 公式ホームページ http://www.cline.co.jp/

お知らせTOPへ戻る
トップページに戻る