ツアーオンライン株式会社のホームページがソウル&ファンキーテイストなわけ

どうして弊社ホームページが、社長の意向を完全無視して、70~80年代ディスコシーンを髣髴とさせるソウルファンキーテイストになってしまったのか?を検証するシリーズ。


→それは、学生時代アフロだった宮崎Dと、ジュークボックスが自宅にあった上澤Pの仕業です。

グラデーションの配色は上澤が、デザインそのものは宮崎が担当いたしました。


弊社代表取締役T社長からは、

「アメリカのR66~ウェストコーストを吹き抜けるさわやかな風のようなイメージ

「好きな歌手がエア・サプライ、REOスピードワゴンなので、そんなBGMが似合うサイトに」とオーダーを頂きました。


そこで、ほとんどデザインが出来上がって、後戻りができないところまで進めてから、披露させていただきました。
そのとき、T社長の顔に浮かんだ悲しいうすら笑いが印象的なリニューアルの思い出です。


※関連 ウェスト・コースト・サウンド特集 ~抜けるような青空と爽やかな風。俺たちはいつだってTake It Easy~

※関連 ディスコ特集 ~ダンスフロアーで燃え尽きた青春。ミラーボール煌めく黄金のディスコサウンド~


The Hustle
Van McCoy(ヴァン・マッコイ)
1975年



細マッチョ!太マッチョ!有名すぎます。ディスコといえばコレ。 このレビューを書くのに調べたら、ヴァン・マッコイは享年39歳。 ブラバンが誇らしげに演奏していたアメリカンシンフォニーなど名曲を残す名作曲家であった。

Got To Be Real
Cheryl Lynn(シェリル・リン) 
1978年



ドリカムさんも影響受けているんだなーと親近感が湧きます。

Le Freak
chic(シック) 
1978年



日本語で「おしゃれフリーク」!!!

Machine Gun
Commodores(コモドアーズ)
1973年



ライオネル・リッチー@コモドアーズが作曲したこちらの楽曲(インストゥルメタル)は王道のカッコ良さです。槍でも鉄砲でも持ってこい。

Do The Bump
Commodores(コモドアーズ)
1974年



モンキーダンス!

Hot Stuff
Donna Summer(ドナ・サマー)
1979年



ドナ・サマーの中では一番好きです。聞いていると、ムラムラしてきて、良し!となって(意味不明)、せいせいします!

Boogie wonderland
Earth Wind and Fire(アース・アンド・ファイヤー)
1979年



アッ!ハッ!こらヤバイ!

Let’s Groove
Earth Wind and Fire(アース・アンド・ファイヤー)
1980年



Earth Wind and Fireで一番好きな唄。オーライ!!

Best of My Love
The Emotions (ザ・エモーションズ)
1977年



ウォウウォウ!わが道を行きたい時にどうぞ。

Dschinghis Khan
Dschinghis Khan(ジンギスカン)
1979年


ウッ!ハッ!アッハハハ!初めて知ったのはポンキッキだったような気がする。←年がばれる モーニング娘のオマージュは、すぐわかりました。

Blame It On The Boogie(今夜はブギー・ナイト)
The Jacksons (ジャクソンズ)
1978年



こうやって考えると、マイケルって声が変わらないな~。これくらいの時のマイケルの歌声を聞くと、しみじみと天才がそこにいたことを感じるんだな。

Sex Machine
James Brown (ジェームス・ブラウン)
1976年



あーあ!すっかりゲロッパになっちゃったよう!

That’s the way I like it
KC & The Sunshine Band (ケイ・シー・アンド・サンシャインバンド)
1974年



ザッツ ザ ウェイ!アハアハ! 言わずと知れた名曲。私の中で5本の指には入るファンキーミュージック。人生はソウルだ。

Funkytown
Lipps Inc (リップス・インク)
1980年



何でだろう。私のイチオシはこれなんです。想像以上に電子音が好きなのかもしれない。仕事中に流れると、カクカクしてしまって困ります(わかる人にはわかる)。

Ai No Corrida
Quincy Jones (クインシ・ジョーンズ)
1981年



大島渚監督が1976年に撮った「阿倍定」←ウォ! をモチーフにした「愛のコリーダ」に触発されて、作られた楽曲。 嘘のような本当の話。

In For A Penny
Arabesque (アラベスク)
1984年



アラベスクは小さいときから聞いていたので、全曲好き。 短調と長調が入れ替わるのが面白い。 中でもこの曲が一番好き。一番かわいい。 さて、よく考えたら好きも何も、親の影響で勝手に刷り込まれていたのですが、このレビューを書くにあたって『竹の子族』さま御用達だったことを初めて知りました。えええーーー!!!

トップページに戻る